麻雀で稼ぐとは

麻雀で稼ぐとは

個人も取引できる通貨取引
 FXとは外国為替証拠金取引(Foreign eXchange)の略称です。 この取引は元々金融機関のプロの間で行われていて、2000年頃からの規制緩和とインターネットの普及によって一般に知られるようになりました。 最近はパソコンやスマートフォンの性能があがり、いつでもどこでもプロ並の環境でトレードが可能となり、FXをはじめる個人投資家はますます増加しています。



FXの特徴

小額から取引可能
 ○1万円程度の小額から取引できます。(株式は一回の取引で100万円以上必要な銘柄が大半です。)
 ○証拠金の拘束を受けず1日に何度でも取引できるので、小額でも効率よく投資できます。(現物株式は預託金の拘束があり、1日に何度も自由に売買できません。)

投資効率が非常に高く、自由に調整可能
 ○レバレッジ効果により投資効率が群を抜いて高く、相当のリスクを覚悟すれば1日で資金を10倍にすることもできます。反対に、投資効率を抑えれば株などより小リスクで運用することもできます。 

収益チャンスが多い
 ○値上がり、値下がりに関わらず投資でき、常にチャンスがあります。(株式は基本的に値上がり相場しかチャンスがありません。)
 ○市場は24時間動いており、いつでも参加できます。(株式市場は朝9時〜15時まで)

個人投資家に有利な公正な市場
 ○規模、参加者ともに最大の市場であり、巨大すぎるために特定の主体が相場をコントロールすることはほぼ不可能です。(株などは仕手筋やインサイダー取引が存在しますがFXでは存在しません。)このため、他の投資に比べ個人投資家に有利です。



FX取引の流れ

 ■口座を開設し、「証拠金」を預けます。
            ↓         
 ■通貨を仮想売買します。(「ポジションを持つ」といいます。)
            ↓         
 ■売買した通貨が値上がりor値下がりすれば利益or損失が発生します。
            ↓         
 ■ポジションを解消して利益or損失を確定します。
            ↓         
 ■清算した金額により証拠金が増減します。

※以下A〜Dの繰り返し


ホーム